スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

京都の北部 大江の郷 映画の舞台になった宿

京都の北部 福知山 大江町にある宿泊施設。 大々的に宣伝しているわけでもなく、地元の人も ほとんど知らない施設。 先日の撮影の映画『小津』では、ロケ地として 旧平野邸(大雲記念館)では5箇所ほどの撮影現場として撮影し、 また、ベースキャンプとして、撮影スタッフは約半月、俳優さんも 10日ほど滞在させてもらいました。 この宿泊料の安さには驚き❗️ そして撮影時期が、大江山の雲海や、由良川の朝霧の時期とも重なり、 朝の早朝から、ダッシュで朝霧の撮影に走ったり、また、 丹鉄の撮影で、丹後ユラへの移動中には、朝霧が 開けて行く由良川にうっすらと掛かった朝霧や、 山にかかる朝霧を見て、車内中で感動の渦。 大江山から由良川にかけての自然と、 また高電圧の鉄柱もほとんどなく、撮影にはこれほど恵まれた 場所はないと、スタッフ一同感動していた。 また、旧平野邸での宿泊もでき、2階から眺める景色はまた格別。 4期を通して、堪能でき、また、丹後半島の海にも近く、 山の神秘、海の幸、日本海の景色等、観光名所の拠点になる。 こんな埋もれた環境は、利用しないてはない。 また、24人乗り、13人乗り、9人乗りのバスなどもあり、 送迎もお願いできる。 大江町の駅まで、一両編成の丹鉄に揺られながら、 大江駅からは、お迎えバスで移動もいい旅になりそう。 10月から3月まで楽しめる、山に雲海、川に朝霧の神秘の世界を 是非お楽しみください。 神と鬼が戯れるこの大江の神秘的な地で、 新しい発見を
連絡先 グリーンロッジ 0773 56 0095 大雲の里             0773 57 0168

https://www.fukcome.com


最新の投稿

映画『小津』撮映風景 by 旧平野邸

新童子橋での映画『小津』撮影 by大江町

映画『小津』撮影風景 by京都丹後鉄道

映画『小津』撮影風景 from 大江

映画『小津』撮影開始

黒大豆の枝豆 黒ムラサキ

稲穂の天日干し

夜久野町とれたて新鮮野菜たち

夜久野発 新米の季節

福知山産 玉露茶